CONCEPT

御霊が安らかに眠る場所−装飾石室「みたま絵」

装飾石室

MI:TA:MA:E

全国に約七百基が現存し、その半数以上が九州に点在する「装飾古墳」。

その石室や石棺に描かれた絵柄や彩色の一つひとつには、御霊の安らかな永遠を説に願う、遠い祖先たちの祈りが込められていました。

いま新たに、新宮霊園がご案内する、装飾石室『みたま絵』。

ここに描かれた『菩提樹』『鳳凰』『蓮』『菊』『藤』の絵柄は、今日まで、代々の祖先たちが大切に受け継いできた祈りを厳かに現し、尊い御霊を安らぎに満ちた永遠の眠りへと導きます。

お墓の中で最も大切な石室について

『石室(カロート)』とは、一般的には火葬した後のご遺骨をお納めするコンクリート製や御影石製の納骨室を指します。

新宮霊園は、お墓の中でも、御霊をお迎えする最も大切な場所だからこそ、御影石の石室に、端正な筆致で描かれた荘厳な壁画装飾を施しました。

尊い御霊の安らかな眠りをお守りしたい。

そんな優しさや敬いの想いを込めて、装飾石室『みたま絵』は誕生しました。

『みたま絵』の素材は、21世紀の新素材「漆喰タイル」。

『みたま絵』のベースとなる「漆喰タイル」は、正式名称を「不焼成しっくいセラミック」と言い、漆喰を焼かずに超高圧プレスを施し成型。漆喰本来の持続的なアルカリ性により、「抗菌性能」を発揮します。

さらには、大理石と同等の強度、耐久性があり、長年にわたってのご使用にも安心です。

また、焼かないことで、環境への影響にも配慮したエコロジカルな商品です。

みたま絵のお問合せはこちらから>

装飾石室『みたま絵』の仕様について

みたま絵(2)

みたま絵(2)

みたま絵(1)

みたま絵(1)

みたま絵(3)

みたま絵(3)

【標準仕様について–みたま絵(1)】

御影石で設えた石室本体に、
中央のみたま絵(1)が標準で付属しております。
「菩提樹」の黒・坐像、赤・坐像、金坐像の中から
1点お選びください。

<黒・坐像>

<黒・坐像>

<赤・坐像>

<赤・坐像>

<金・坐像>

<金・坐像>

【オプション仕様について–みたま絵(2)(3)】

みたま絵(2)および(3)は、ご希望に応じて
お取り付けさせていただくオプションです。
「鳳凰」「鳳凰つがい」「蓮」「菊」「藤」の絵柄を
ご用意しております。
「みたま絵(1)」とともに、石室内に映える多彩な組み合わせをご用意しておりますので、お好みのものをお選びください。
※みたま絵(1)の背景色に合わせた
黒と赤の背景色からお選びいただけます。
※オプション仕様の価格は
「みたま絵」1点が33,000円(税込)となります。

<黒・鳳凰左>

<黒・鳳凰左>

<黒・鳳凰右>

<黒・鳳凰右>

<黒・鳳凰つがい>

<黒・鳳凰つがい>

<黒・蓮>

<黒・蓮>

<黒・菊>

<黒・菊>

<黒・藤>

<黒・藤>

みたま絵のお問合せはこちらから>

MI:TA:MA:E CATALOG

黒・坐像シリーズ

赤・坐像シリーズ

金・坐像シリーズ

みたま絵のお問合せはこちらから>