2022.03.26

オーディオドラマ『お天道様が見てるから 〜お天道童子クーの下界修行〜』

その他

■第12話『メッセージ』

仕事で家庭を疎かにしてきた後藤仁45歳。来春から東京の大学に行こうとしている一人娘、咲良ために時間を作ろうとするが、お年頃の咲良からは煙たがれて報われず…。後悔の念は積もる一方だったが、後藤に残された時間はあと半年…。後藤は父親として咲良の一生を見守るための、ある秘策に取り組む。

■第11話『カトリーヌ』

大吾郎が幼いころから秘めてきた、そして耐えてきたこと「体は男性、心は女性」。そんな大吾郎の第二の人生をけして許そうとしなかった父親が人生の最期に大吾郎に宛てた1通の手紙。そこに書かれてあったこととは一体…?

 

■第10話『生き残った理由』

病床に伏せる御年95歳の健二は、娘の多恵子から「健さん」と呼ばれてきた。なぜ「お父さん」呼ばれないのか…そこには命を懸けたある男の想いがあった。太平洋戦争、そして戦後の苦難を乗り越え4世代に渡る75年間を描いた物語。

 

■第9話『魔法のコート』

72歳の佳乃は5年前に夫を亡くして以来、すっかりとふさぎ込んだ日々を送っている。長年の友人である麻美からのプレゼント「真っ赤なコート」さえも受け取らず、元気を失くしていく佳乃のことを家族も心配していた。そんな時にかかってきた1本の電話…佳乃は思わぬ出来事により、断ったコートに込められた想いと「生きる力」を知る。

 

■第8話『あの子がいた海』

「もう、1年か…やっとママ、この海に来れたよ」静かな海につぶやく、一人の女性。1年前、娘がいた海…母親である彼女がここに至るまでには壮絶な過去があった…。2010年に改正臓器移植法を施行したものの、現在も移植後進国とも言われる日本。中でも死生観を問われる「脳死移植」をテーマに描いた、ある家族の物語。

 

■第7話『汚れたランドセル』

福岡小学五年生のまことは、両親が離婚したため、母親の実家で祖母と3人で暮らし始めた。まことは勉強は出来たが、体が小さく、運動も苦手で、クラスメートからはいじめの対象に…。いつも励ましてくれる優しい祖母にも、いじめられていることを言えぬまま辛い日々を送っていた。そんなある日、まことは、いじめグループのリーダー、せいやの意外な場面に出くわす…。

 

■第6話『50日目の朝』

仕事で家庭を疎かにしてきた森本は定年を迎え、これから第二の人生をという時に妻を亡くした。家のことは全て妻に任せっぱなしだったため、何がどこにあるのやら、迷子になる日々。しかし、その度に、妻が残したあるものに助けられ、今まで知らなかった妻の想いに触れていく。

 

■第5話『平凡のススメ』

定年後、家でゴロゴロしている父に対して何も言わない母・・・。そんな両親を見ながら、結婚に幸せを見いだせずにいる独身の桃子は、相変わらず、実家暮らしの30年目を過ごしていた。ところが、ある日、今まで知らなかった両親の物語を知り、桃子は心を大きく動かされる。

 

■第4話『最後の指令』

少女時代、正義の味方レッドマンに憧れた歩(あゆみ)は大人になり、夢を叶え、女性刑事として忙しくも充実した日々を送っていた。しかし、ある日、あまりの忙しさに大切な約束を守れなかった歩は…。正義の味方が闘い、守るものとは?選択を迫られ、悩む歩に思わぬ指令が出された。

 

■第3話『泣き止まない夜に』

新米ママの美里は、なかなか泣きやまない颯太に悪戦苦闘中。近所からの厳しい苦情と、いざという時に助けてくれない夫。とうとう精神が不安定になった美里は危険な行動に!しかし、そこに救いの手を差し伸べたのは…果たして?

 

■第2話『約束』

戦災孤児として苦労をした内藤は懸命に働き、とある会社の会長まで務めたが、79歳となった今は孤独で、生きる目的を見いだせずにいた。そんな時に出会った若い女性看護師の遥香と思い出の人が重なり、60年前に交わした、ある約束に再び光が当たり出す、その『約束』とは?

 

■第1話『時間外の贈りもの』

市役所の時間外窓口に勤めている中年男性の牛嶋。自分が結婚で苦い思いをしたのか?婚姻届を提出に来るカップル達には、いつもぶっきら棒…。ところが、今夜、提出に来た新婦の名前を見て牛嶋は一転。時間外に届いた思わぬ贈りもの…牛嶋は失っていた時間を取り戻すことが出来るのか。

 


 

”コロナ禍”にもたらされた数々の困難…しかし一方、”STAY HOME”により改めて気付かされたものもありました。

家族の大切さ、日常が当たり前ではなかったこと、そして生きる意味とは?

このテーマを『家族の絆』という切り口でオーディオドラマ化。様々なエピソードを通して、聴く皆様の生きる糧となるものをお届けします。

 

『お天道様が見てるから 〜お天道童子クーの下界修行〜』

お天道様に仕える、お天道童子(おてんとどうじ)の『クー』は、人々を照らす、お天道様に成るべく、人間界で修行中!
人間達の喜びや悲しみの様を姿を消して見守ったり、時にはそっと手助けをしたり…クーが見つめる『家族の絆』と、その感動の物語を毎回8分10秒でご紹介します。

※RKBラジオにて2022年1月〜3月放送されました。

一覧に戻る

無料送迎バス 時刻表 平日木曜日は運休

JR福工大前駅からは、霊園の送迎バスをご利用ください。博多駅からもわずか15分前後と、ますます近くなりました。

  西鉄
三苫駅発
JR福工大
前駅発
西鉄三代
バス停発
霊園着 霊園発
1便 11:00 11:05 11:12 11:30 12:30
2便 13:00 13:05 13:12 13:30 14:30
日祭日のみ
追加運行
15:00 15:05 15:12 15:30 16:00
  1便 2便 日祭日のみ
追加運行
西鉄
三苫駅発
11:00 13:00 15:00
JR福工大
前駅発
11:05 13:05 15:05
西鉄三代
バス停発
11:12 13:12 15:12
霊園着 11:30 13:30 15:30
霊園発 12:30 14:30 16:00

アクセスマップ※画像をクリックすると拡大します。

※JR福工大前駅には全ての快速電車が停車します。
※西鉄三代バス停は博多方面乗降口のみです。
※お彼岸・お盆にはJR大型バスを臨時運行(1日10便)しております。詳細な運行日と 時刻は、お彼岸・お盆が近づきましたらこのホームページにてご案内します。ご利用ください。